シクロクロスレース

2017年3月12日 (日)

茨城シクロクロス城里ラストステージ

銀歯は取れるし、ペダルを外したらスプロケに指が刺さり血が出るし、年度末でバタバタだし、スローパンクしてるし。

2016-17シーズンを締めくくるCXレースが茨城の城里で開催。最終戦だ。

GARNEAU & KONAチームブースの出展がありました。

Dsc02376_r

充実の試乗車を用意しました。たくさんの試乗ありがとうございました。コナのプライベートジェイク(シクロクロスレース向き)が人気でしたね。

俺のレースはC4B。9:20スタート。試走してギヤを決める。はじめはフロント37T、リヤ19Tで行く。土手登りオフキャンバークライムでは全く無理。ということでそれは捨て。気になったのが山側にクランクが下がるとペダルがすれること。

そこで、気休めかもしれないがクランクを170mmから165mmへ変更し同時にフロント36T、リヤ19Tにする。36Tのスプロケットはパープルでカッコいい。と、自己満足。

Dsc02460_r

それがこれ。オフキャンバーの登りを未練なく捨てればもうちょっと重くというか1:2.00(2倍)でもよかったかもしれないが、14位というリザルトを見れば微妙なところである。将来的には重いギヤを踏めないと上には行けない。

上りで抜かれフラットシングルで抜き返しての展開は今シーズンの定番レース。来シーズンは作戦を練り直さなければいけない。ていうか練習しろよ。

息子はオーガナイザーにお願いしカテゴリー1(C1)クラスにオープン参加させていただいた。章典外でC1は60分だが40分で終了条件。

Dsc02568_r

最後尾より追い上げる。スタートから上げ過ぎじゃね~か。1LAP目地獄の谷クライムではミスだらけだったがトップ通過。

Dsc02587_r

3LAPに入るとマウンテンバイクレーシングチームPAXPROJECTの先輩(要するにチームメイト)にパスされ、さらにライディングのアドバイスをもらったそう。その後タレた。結果は40分ライド時点で5位。

Dsc02625_r

年齢制限で来シーズンもC2参加ですが、今回の様にオープンエントリーをお許しいただけるのであればC1にチャレンジしたいと思います。

2016-2017シーズンのシクロクロスレース終了です。どこか、さびしい気がします。

皆さんお疲れ様でした!

フォトアルバムです。よろしかったらご覧いただきご自由にお使いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

東北シクロクロスプロジェクト第4戦SUGOステージ

あ”~、ぜんぜんだめじゃん。C3-4クラス22位って~。

悔しいよりもこんなんじゃ美味い酒が飲めねぇよ。シクロクロス東京の8位までは上り調子だった。が、以降今回の東北CXRd.4まで2週間ノンレース。(前々週にたかつえスノーダンヒルはあったが。)

川内メソッドよろしくレース=トレーニングな俺にとっては致命傷的空白だった14日間。

Dsc01833_r

朝は天気が良かったけど車の温度計では-3℃の表示。会津若松より寒いな。

Dsc01843_copy

今回KONAのレアモデルを販売するべく持参。国内流通なしのカーボンフレームモデル(2016)JAKE THE SNAKE CR サイズM(530)。30%OFFな206,500円。1台のみです。

さて、レースはC3、4クラス最後尾よりスタート。第1コーナーを抜けたら8位に上がる。順調にLAPすっぞ~と勢いだけは良かったが、Z型忍者返しにやられまくり最後のほうは土手登り歩きだし。

Dsc01863_copy

ここで8位ぐらい。

Dsc01975_copy

忍者返しの一部。俺はめっちゃつらかった。皆さん走ってるし。その後抜かれまくり。だんだんやばくなってきたな(ビリに向かって)。がんばって抜かれたライダーを2名ぐらい抜いてゲロ吐きそうになりながらゴール。

息子はC2クラスと連続してC1にもオープン参加。

Dsc02109_copy

村田町のゆるキャラの何とかちゃん。

Dsc02116_copy

スタートして3番手に付け第1コーナーへ。暫くしてトップに。しかし、なかなか後続を引き離せない。2、3番手では激しいバトルで入れ替わる。その後2位と2人パックになり飛び出すが最終LAPまでデッドヒートを繰り広げる。ゴール直前に何とか引き離しトップでチェッカー。なんともつらいレースだった。

Dsc02255_copy

デッドヒート中。

ということで、すぐにC1レース。

Dsc02301_copy

最終戦のC1グリッド。ちょっとさびしいね。オープン参加で40分で終了条件です。

スタートしトップのライダーの後ろに付LAPしていくが、さすがC1のスピードは速い。途中からチギられ単独2位でのLAPが続く。しかし、C2のダメージかモチベーションが途切れたか30分でDNF。さすがにレンチャンはつらかったそう。

フォトアルバムです。ご覧ください。

方々でシクロクロスの最終戦が開催されておりなんだかちょっとさびしくもありますね。うちのLASTは12日茨城シクロクロス城里ステージです。

皆様お疲れ様でした。悔しくも楽しいレースでした。

また次回。





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

シクロクロス東京2017

シクロクロスシーズンも後半戦佳境に入ってきましたね。このレースがラストシクロレースという方も多いはず。

病み上がりでライドできるかどうか分からない状況だったが、俺は走る気満々で一人でも行く気合に、そうはさせるかと付いてきた感じ。

エントリーはDay1(11日)俺がC4-Cクラス。息子がCJクラス(C2、M1と混走)。Day2(12日)にエンデューロ2名クラス。俺は東京シクロ初出走。例年のごとくブースがたくさん。ビールも、フードブースもいっぱいあったね~。

Dsc00275_r

関係ないけど~、これは見納めか。

Dsc00162_r

バイクサンドブース。自転車キャリーボックスのブランド。うちも使ってます。

今回CXチーム福島のメンバーはC1に三浦クン、C2の洋介、CJに息子、C4に俺、サポートに高橋さん。のメンバー。俺のC4-Cは10:10スタート。三浦クンと洋介はクラス残留を目指しチケットゲットしなければいけない。がんばってね~。

俺のグリッドは何と、2列目!ビブ11。いつもは最後尾なのに。でも、時報と同時に申し込んだつもりが俺より早かった人が10人もいてびっくり。

スタートしてホールショットを狙うも4番手で第一コーナーに突っ込む。東京シクロは砂浜が売りだ。コースの4割は砂浜が占めていると思うな。SSの俺は当然乗られない。C4はみんな乗ってなかったようだ。で、砂浜ランニングが遅すぎる俺。抜かれる抜かれる。あっという間に7位転落。

Dsc00170_r

シングルトラックで抜いて、砂浜ランで抜かれるっていつものような展開だな。しかし、今回は常に10位以内を走っていた。ということは目標であるシングルリザルトいけるか。

Dsc00206_r

残念だけど砂浜で抜かれ続け8位に落ちた。でもみんなの応援の力で8位を死守。何と、目標であるシングルリザルトを達成した。やったー!ありがとうございました。なんだと思うかもしれませんが、階段もランニングできないおっさんがSSでチャレンジしているのです。うれしいのですよ。

今回のギヤは37x20で1.85。砂浜に合せたつもりだけど砂浜全く乗られず意味が無かったが、それ以外ではイケてた。

息子はCJのグリッドについた。しかし、3日前に熱は下がったものの食欲不振、体調不良のため点滴を打ってもらう。復活するものの力が出ない状況でのスタートライン。試走は1LAPも走行すればヘロヘロでダウン。

Dsc00370_r

まったくレースにならず。ゴールラインを切ることが出来ずにDNF。これはこれで何か得るものがあったと思う。体調管理も大事なトレーニングだからね。

Dsc00467_r

三浦クンは残留チケットゲット。おめでとう!

Dsc00723_r

チームメンバーの佐藤選手C1クラス3位ゲットで明日のエリートクラス参戦決定。おめでとうございます。

いろいろありましたが楽しいシクロクロス東京Day1でした。みなさんお疲れ様でした。うちはDay2のエンデューロをキャンセルし帰路につきます。完全なコンディションで2018にチャレンジしたいと思います。

会津は雪いっぱいだって・・・。

フォトアルバムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

宇都宮シクロクロスみずほの自然の森公園

宇都宮シクロクロス第3戦になるのかな。みずほの自然の森公園ステージに行ってきました。

会津若松から高速で約2時間。今回は2連戦な4日(土)、5日(日)。

SSでシングルリザルトを目指す俺はカテゴリー4B(C4B)に参戦。4日の14:00スタート。

息子は5日のレースだ。

Dsc09279_copy

チーム機材サプライヤーであるAKIコーポレーション様がブース出展。KONAのシクロクロス試乗車とGARNEAUのGENNIX R1ロード試乗車を用意。GENNIX R1はTeam UKYOが実際に使用したモデルだ。

Dsc09283_copy

ローラー用としてもお借りしました。しかし、軽っ。ありがとうございました。

4日は調子が良かった息子。しかし夜から不調を訴え翌5日朝に喉が痛いと。朝試走を2LAPするもダメだ~。今日のレースはDNS決定。関節痛、悪寒がはじまりヤバい車で寝る。以降車から出ることはなかった。

6日(月)医者へ。はい。インフルエンザタイプAです。点滴してインフルエンザ休暇が始まる。熱も40度。週末の東京シクロクロス大丈夫かい。

Day1、C4Bは35名が出走。俺のグリッドはいつもの最後尾付近。ここのコースはスピードに乗るフラットストレートが4ヶ所。林間シングルヘアピンでは抜けねぇな。アップダウンが若干。階段2ヶ所。

要するにシングルスピード泣かせなコースなのだ。ストレートでは漕ぎっきりでケツが浮きギャラリーに笑われるし。

Dsc09546_copy

ギヤは37X19の1.98。結果論だが、2.11でもイケた。もしかしたらもう少し重くても・・・。

序盤林間シングル突入前に抜いて12、3位に付ける。さらにストレート入口などで抜いて一時9番手まで上げた。よし、今日こそはシングルリザルトいけるかも。と思いきや後半タレた。4人抜かれ15位でチェッカー。

Dsc09559_copy

Team AIBEの修介とバトルも最後は離された。好調が続いていたのでめっちゃ悔しいっす。週末のシクロクロス東京では何とかしたい。

っていうか、インフルエンザは回復するのか。

ご協力、ご声援、サポートありがとうございました。

フォトアルバムです。ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

茨城シクロクロス第3戦 城里ステージ

1月8日のシクロクロス千葉から毎週連戦。さらに2月11~12日のシクロクロス東京までは連戦が続くのである。

ということで、29日(日)は茨城シクロクロス第3戦に行ってきました。城里町総合野外活動センターふれあいの里特設コース。会津若松から磐越、常磐道をドライブして2時間30分で到着。

早く着いたので駐車場は本部直近の特等席だ。今日のタイムスケジュールは息子のカテゴリー2(C2)クラスは10:00スタート。俺のカテゴリー4B(C4B)のスタートが14:00。

初めてのコース。試走したらびっくりワールドカップ顔負けの特大3段オフキャンバー、95段の階段セクションが立ちはだかる厳しいコース。俺はどう考えても走って階段を上ることは無理。

Dsc08824_copy

コケる人いっぱい。俺もその中の一人。

Dsc08912_copy

オフキャン土手のつながり部段差コーナーは狭く設定されていた。ここでコケられるとつらい。

Dsc08921_copy

これが95段。パワーのないおっさんには拷問のようだ。C4の俺はここを3回上ったけど下10段ぐらいは走った。それ以上は無理。オーディエンスに笑われながらも歩く。抜かれても歩く。しかない。ここで抜かれて上で抜き返すみたいなバトルだった。

Dsc09269_copy

階段を上りきったところ。ここからシケインまでの漕ぎがキツいのだ。っていうかバイクに乗るのもキツい。ギャラリーいっぱいいるし。

C2レースの息子はスタート直後トップに出てクラス独走でチェッカーを受ける。しかし、1分差で先に出走したマスターズのチャンピンを抜くことができなかった。マスターズ、CL1、C2混走で計測ラインを2番目に通過。

Dsc09097_copy

これでC2クラス5連勝です。たくさんの応援、サポートをいただきありがとうございました。また、この日は17歳の誕生日でもありました。おめでとうの言葉をかけてくださった皆様ありがとうございました。

Supported by GARNEAU BIKES: STEEPLE XC ELITE 2016 size M(540)

                                   Wheel: PAXPROJECT tubular alumi rim

                                   Tire: CLEMENT tubular LAS 33C air F&R 1.9ber

Dsc09202_copy

俺のボディナンバーは99。C4Bクラスのラストビブ。最後尾スタート。こりゃ、抜けねぇな。と弱気になると同時にシングルリザルトを目指す俺であった。

今日のギヤは、1.85。国井さんに感化され2.00(1.98)で行く。と決めたが試走したらあっさり、それ無理。ということで落とした。結果1.85はハマっていたと思う。

C4クラスはミスなく走っていれば自動的に順位が上がる。それは主に前走者がミス(コケ)するということ。それもあり、シングルトラックでがんばって抜いたりで1LAP目12位ぐらいまで上げた。こりゃ、シングルいけるか。

しかし、そうは問屋が卸さない。階段で抜かれるのだ。LAPごと2名には抜かれる。そりゃそうだ。俺は歩きだし。上で抜いても、階段で抜かれるの繰り返しでリザルトは12位(正式は未確認)。

残念で悔しいけど少しづつ上がってきているのでちょっとうれしい。

オーガナイザーイベント運営お疲れ様でした。

こんな俺にも応援ありがとうございました。次戦は2月4~5日の宇都宮シクロです。よろしくお願いします。

フォトアルバムです。ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

前橋シクロクロス第2戦

行って来ました。前橋シクロクロス。ヤマダグリーンドーム脇BMXコース+駐車場+公園の特設コース。3:30出。6:30到着。ちょっと迷ったけど。

めっちゃ寒っ~。氷点下だよ。試走は6:00からって早くね。今回ストーブ投入。正解だった。試走したが1LAPしただけで指先が凍傷になりそうになりそそくさと戻ったとこにストーブがあるとうれしかった。

Dsc08244_r

今回の即席前橋シクロクロス東北エントリーチームはブラームスの三浦君。AIBEの洋介君。PAXの石黒さん。Renと俺。機材関係はチェーンリング監督菅田さんにお世話になりました。

Dsc08246_r

で、レースはカテゴリー2(C2)のスタートが9:50。40名(C2)がスターティンググリッドに。ポジションは後ろから数えたほうが早いところ。コースレイアウトも抜きづらそうな感じ。で、スタート。CL1とCM1との混走。

6LAPレース。スタート後のごたごたから抜け出しやっとトップに出たのが2LAP目すぎぐらいか。そこからが大変。2位との差が開かないどころか詰められる場面も。

Dsc08354_r

終盤ようやく20秒チギってチェッカー。どうも調子が上がらなかったと本人談。

Dsc08481_r

応援感謝っす。

Dsc08539_r

ありがとうございました。濃いメンバーですね。2位の方はC1昇格です。

フォトギャラリーです。ご覧ください。

俺は14:00スタートのカテゴリー4のA(C4A)へ参戦。グリッドは57名。俺のBIBは56。うわ~、前に大量の自転車乗りがいる。スタートしてC4ではお決まりのコケが。その脇をスルスルっと23位ぐらいまで上がる。

がんばって抜くがストレートで抜かれたり。ラストLAPストレートに入り後ろを見ると少し離れてライダーが見えた。大丈夫と思い余裕をこいてゴールしたと思った瞬間、計測ライン直前で抜かれた。しかも万歳ポーズでゴールしたのに。まさに油断大敵。某ライダーが某茨城シクロやらかしたシチュエーションと同じだ。

Dsc08758_r

17位だった。57人中。応援ありがとうございました。SSギヤ比は1.89。F36T、R19T。ちょうど良かったか軽かったかは微妙なところ。F37T(R18T)でも良かったかもしれない。

皆さんお疲れ様でした。次の戦いは茨城シクロクロス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

東北シクロクロスプロジェクト第3戦 蔵王ステージ

1月12日寒波襲来。会津若松では一晩で60cmの積雪。さらに数日間降り続く予報だ。自宅、会社ともに一日中雪片付けで腱鞘炎は治らないし腰は痛いし。

そんな冬型絶好調な1月15日。蔵王町総合運動公園も雪景色。ちょっとやそっとの悪天候でキャンセルはありえないシクロクロス。

Dsc07728_r

ベースを2張張ったが強風によりテントを飛ばされ1ヶ撤収。時折降雪もあったな。

まずは俺がエントリーしたC3-C4クラスのレースだ。前回の不調で学習しましたよ。ギヤ比は1.78。大幅に落としました。雪だし。これでも重いかも。

スタート直後直線で前のライダーがコケた。誰かが巻き込まれた。それを後ろからスルッとパス。しめしめ。

Dsc07741_r

ここで一気に数人抜けたな。グランドのフラットセクションではチェーン切れのようなペダリングだったが、それ以外では塩梅が良かった。ヘヤピン&タイトコーナーでは抜いたりできた。しかし、向かい風になると進まない。

Dsc07778_r

そんなレースでしたが33人中14位でゴールできました。コケもしなかったし、ギヤ比はちょっと軽すぎた感もありましたが、まあまあ合っていたのかもしれない。応援ありがとうございました。

続いて息子がエントリーのC2クラス。現在2連勝。3連勝がかかっているが特に大事なレースではない。

Dsc07877_r

スターティンググリッド。融雪剤のエンカリが撒かれていたな。CL1、2と同時出走。

Dsc07881_r

ホールショットを取りその後一歩も譲らず独走でチェッカーを受けC2クラス3連勝ゲットする。ただ、びっくりしたのが前半~中盤で2番手を走っていたライダーはCL1の今井美穂選手だったということ。速すぎるな。

Dsc08090_r

2位を2分以上チギって優勝できました。

Dsc08233_r

サポート、応援ありがとうございました。次は22日に前橋シクロクロスです。

フォトアルバムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

シクロクロス千葉へ

1月8日(日)仏滅。千葉ポートタワーがそびえ立つポートパーク特設シクロクロスコースはシングル基調、砂浜セクション有りな約1.5km。

天気予報では午後70~80%の確率で雨。息子はC2クラスに参戦。スタートは11:20。俺はC4-2クラスで14:15スタート。シクロクロス千葉はクラス順ではなくバラバラなレーススケジュール。

試走(2回目)10:40から。砂浜があるのでSSの2.11では重いよな~って感じで走る。案の定砂浜は乗られる訳がない。ギヤードでも俺は無理。それ以外は何とかいけそうだったけどリヤ19Tにして2.00でチャレンジすることにした。

まずはC2クラス。いっぱいいる。CL1クラスと混走。シングルトラックでのパステクニックも重要なポイントだ。雨は降っていない。

Dsc07353_r

C2ライダーは総勢31名。スタートは遅れて6、7位ぐらいか。11LAPレースだけど前半~中盤は2番手。砂浜セクションのランニングでパスしトップに躍り出る。ところが2番手にグイグイ上がってきたライダーとのビハインドが5秒と迫られる。

Dsc07458_r

一応陸上部。後半の砂浜ランニングでビハインドを10秒に離す。っていうかライドで離せよ~。

Dsc07526_r

まっ、何とかそのビハインドを守りトップでゴールできました。新年早々良かったです。

Dsc07598_r

マキシスのシクロクロスマッドタイヤをいただきました。3位の方は大根です。

続いて俺のC4-Bクラスのレース。召集ポイントに来た途端に雨だよ~。予報通りといえばその通りだけどなんでこのタイミングなんだ~。

グリッドは一番後ろがMTBだけどその前。どんだけ抜けるか。スタートし前が詰まり気味なタイミングで後ろから来たMTBライダーのハンドルが俺のドロップハンドルに刺さりコケる。

さらに、ボトルネック入口付近でもコケる。なんてこった。

Dsc07656_r

シングルを抜け砂浜に出る訳だけど、試走ではスロープ先左側を快調に飛ばしていたが本番ではいきなり前転。なんで~。テープ切ってすんません。

Dsc07700_r

やはりギヤ比2.00では話にならず。48人中24位。残念でした。悔しい。リベンジする気合はあるけど体力がありません。

次は東北シクロクロスプロジェクト第3戦蔵王ステージです。

色々とありがとうございました。

お疲れ様でした。フォトアルバムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

東北シクロクロスシリーズ第2戦 郡山ステージ

クリスマスな25日(日)は郡山市大槻公園。

東北シクロクロスシリーズ ラウンド2 郡山ステージ。

息子はカテゴリー2クラス。久しぶりなエントリーの俺はC3&4クラス。大丈夫かな~。

俺のスタートは9:00。その前にGARNEAU&KONAブースのお手伝い。と、ライダーのバイクメインテナンス。あ~、早く試走しないと時間が無くなる。

Dsc06792_r_2

今回はシングルスピードでチャレンジした。ギヤ比は2.111。試走でギヤの塩梅を見ましたが校庭外周のよさげなマッドポイントでは漕げない。重すぎだ。

リヤのスプロケット交換しようと見たら忘れた。

Dsc06505_r_2

マッドポイントで抜かれまくりでリザルトは30人中24位。ダメじゃん。でも、懲りずに2017年1月8日の千葉シクロクロスでもSSで走る。今度はギヤ忘れない。

Dsc06757_r

今日はクリスマス。サンタが2人もいた。何かくれてたな。

Dsc06746_r

アフロのかつらシャレでかぶっていたが暖かくて脱げなくなった。

午後スタートのカテゴリー2(C2)クラス。ホールショットはAIBEのようちゃん。その後トップパックは3名に。トップ入れ替わり、息子がコケたり、トップライダーのパンク~。で中盤よりトップを引く。

Dsc07013_r

徐々に2位を離し45秒ビハンドでチェッカーを受けた。これからは2位を2分以上離して勝つことに専念してほしい。

Dsc07307_r

応援ありがとうございました。サポート感謝です。次戦は新年8日(日)に開催の千葉シクロです。

フォトアルバムNo.1と、フォトアルバムNo.2です。ご覧ください。

2016年お世話になりありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。それでは良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

全日本シクロクロス選手権大会 2016

今シーズンのシクロ全日本は宇都宮の道の駅ろまんちっく村が舞台。

まあまあ近い。10日(土)前日入り。宇都宮シクロクロスは野辺山シクロ並に、いや、それ以上豪華かもしれない。オーディエンスもいっぱい来るし。

出店がたくさん。しか~し、アルコール販売禁止措置がとられていた。つまんね。

昨年のコースを基本とし全日本向けレイアウト化。

前日はJCXマスターズのレースが行われ盛り上がっていた。

フォトアルバムです。

チームバイクサプライヤーのGARNEAU & KONA ブースがベース。

KONAの試乗車担当&店番&ライダーのバイクの調子を見たり&洗車&ピット要員と意外にやることがいっぱい。朝は氷点下。バッチリ霜柱。日が射すと融けだしマッドコンディションに早変わり。コケる。ハンガー曲げ~直し。

前日の試走は午後だったのでタイヤチョイスの参考にはならなかったが当日朝一の試走で本番はヤスリ目でいく。ということに。

今日も晴れ。スタートは9:00。吉と出るか凶と出るか。15名のジュニアバトル開始。

スタートではうまく前に出られない。6、7位ぐらいか?キャンバー区間で滑っている感じ。いや滑っているライダーのほうが多い。前で滑られると詰まる。

トップが少し出た。2番手パックが2名。その後ろのパックの中の2番手ぐらいでライディング中に5LAPレースとのアナウス。5番手まで上げたところで何とDI2のジャンクションを落としてしまった!原因不明。ローギヤでピットまで戻る。途中パスされ6位に。

バイクチェンジ。タイヤもオールラウンドに。行けー!

1人パス。5位。しかし、すでに1、2位と3位パックには1分以上離されている。

最後バックストレートに戻って来た時には4番手。だけどサイドバイサイドというかテーツーノーズ。残すは2コーナー。

1発目インに付け立ち上がるが直後に5番手のライダーが。

最終コーナーを抜けるとチェッカーが待っている。さー、最終コーナーだ。ここでもインをつく。最後の全開漕ぎ。と、後方5番手のライダーの左足がペダルから離れる(!)。

無事(?)4位でチェッカー。

全日本CXジュニアチャンピオンのタイトルを取ることはできませんでしたが沢山勉強になったイベントだったと思います。応援をいただいた皆さんありがとうございました。サポートご協力など本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)